最新のパナソニックIH設置のキッチンリフォーム

高級感あふれるL型のキッチンから、明るく動線がスムーズなキッチンへのリフォームです。
 
L型のキッチン
せっかく天窓がありながら、扉面が濃い色のため曇りの日は暗い印象にも。

 

家電用収納が手前に。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
独立型キッチンですが、ダイニングと廊下への二方向の入口があり、
冷蔵庫は家電キャビネットの背面(廊下側ドア横)に寄せてありました。
  
今回、I型のキッチンにしたため、冷蔵庫の位置を替え、
加熱調理機器の背後に冷蔵庫、
ダイニングの入口側はすっきりとしました。

同じ空間でも、ずいぶんと使い勝手や印象が変わります。

 

 

 

ダイニング入口ドアを引き戸に
アウトセット引き戸は、壁の外側に
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 そして、ダイニングへの出入り口のドアは、
開けておくと向きによっては邪魔になったりしますが、
こうして、引き戸にすることで、普段は開けておいて、必要な時に閉めることができるので
出入りが多い場所には、とても便利です。
 
今回、Rデザインされたドアだったため、あえてドアの形は残し、
アウトセットといわれる壁の外側に設置するドアを取り付けることで、
対応できています。
 
肝心の加熱調理器具ですが、今回ガスからIHクッキングヒーターへと
取り替えとなり、パナソニックの最新型“ラクッキング”です。
パナソニック KZ-R373S
グリルに焼き網がなく、受け皿もないためお手入れが楽!
庫内のトレイに段がついていて、焼き網模様がつきます。
 

パナソニック KZ-R373S

 
 
 

網と受け皿が一体型?