築30年の家を明るく楽しく過ごせる子育て世代の住まいへ

築30年ほどの軽量鉄骨プレハブの2階建て住宅。
結露がひどく湿気によってカビが絶えない浴室・洗面所。
流し台だけ新しくしていたキッチンを活かし、1階の生活スペースを明るく快適になるように
思い切ってリフォームすることにされたのは、南区宇品のK様。

元々、奥様の親御さんと親しくさせていただいたこともあり、

遠慮なくご要望をおっしゃってくださいましたので、
予算を調整しつつ、できるだけ居住空間をリフォームできるようにプランも進めました。

まずは、カビがひどく今回のリフォームの一番最初の問題点だった浴室

K-1

before

K-5

after

 

 

 

 

 

採用したのは、タカラスタンダード

 伸びの美システムバス

規格としての広さはあまり変わりませんが、最近のシステムバスは有効空間が広くなっていますね!

断熱もしっかりしているので、カビに悩まされることが少なくなると思います。

窓もペアガラス、続く洗面所も断熱ガラスにしたので、換気をしっかりしつつ

今の状態を保っていただきたいと思います。

続いては、キッチン。

この家にお住まいになる当初、流し台部分だけ設置させていただいていたので、

今回、合わせて吊戸棚と換気扇レンジフード。
そして、ガスコンロをIHクッキングヒーターへの交換を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

before

 

 

 

 

 

 

 

 

K-3

after

吊戸棚が少し大きくなったので、手が届きやすくなりました。

 

収納として活用できるのではないでしょうか。

周囲の壁もお手入れしやすいキッチンパネルですので、一体感が出てスッキリ明るく!広々と感じられますね~

 

K-2

K-4

 

 

 

 

 

 

ダイニングキッチン、続く洋間はリビングに。

床を全て新しく、建具も取替しました。

断熱効果、結露対策にこちらのスペースは、内窓を設置してあるので、

夏、冬ともに効果を実感していただけると思います。

内窓を木製に見えるタイプにしているので、見た目も優しい印象。

リフォームが進むにつれ、子供たちも走り回るスペースができ、

楽しそうでした。